語り合い、想いを創り、共に生きる

社会福祉法人はるのコンセプトです。

理念

「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

ビジョン

・だれもが暮らしやすい社会や制度づくりに取組み、社会に必要な存在であり続ける法人をめざします。
 そのために、賛同する仲間と共に運動を展開し、安定した基盤づくりと変化に対応できる柔軟な事業運営をすすめます。

・自分らしい「自立」を実現する法人をめざします。
 そのために、ひとりひとりの「できる」を大切にし、それを育てていく活動をすすめます。

・一員であることに「誇り」を持てる法人をめざします。
 そのために、新しい価値・商品・サービスを創造し、「はるブランド」を発信していきます。

・「つながり」を大事にし、それを活かす法人をめざします。
 そのために、さまざまな力をつなげ、より大きな力とする活動をすすめます。

・『幸せな人から幸せな人へ』を実践していきます。
 そのために、「はる」にかかわる人がみな、幸せや満足を感じ、ここに集まりたくなる法人や地域づくりをすすめます。

働くことで得られること

自分らしく生きるために

1994年、「経済的に自立したい」と願う精神障がい者のニーズを受けて、パイ焼き窯が誕生しました。7年後の2001年、より確実な就労支援を目指して〈社会福祉法人はる〉が、多くの賛同者の協力を得ながら誕生しました。
この資源を、障害を持つ多くの方々に上手く活用して頂きたいのです。

私たちは、障害(精神等)のある人が、働くことによって経済的自立を目指し、障害とうまく付き合いながら健康と自信を回復し、就職やあたりまえの暮らしを目指すことをサポートします。
障害を持ちながら社会で自立生活を営むためには、周りの人々とつながり・語り合い、自分の持っている能力や感性を発見し・育て、自分に合う仕事に就いて収入を得て、「これが私らしい生き方」と自身と誇りを持てる事が大切です。

  • 法人の目的

    法人の目的

    精神障害やその他さまざまないきづらさを抱えた人が、地域の中で経済的自立を目指し、健康を大切にし、障害とうまく付き合いながら社会人として暮らして行く為のサポートを行います。

  • 理念

    理念:語る、創る、暮らす…ハタ楽

    「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

  • 法人概要

    法人概要

    【名称】社会福祉法人 はる
    【代表】井上 義
    【設立】2001年7月24日創設
    【所在地】(地図)
    〒158-0082
    東京都世田谷区等々力2-36-2-201

平成31(令和元)年度 現況報告書・計算書類等

現況報告書・計算書類等

【現況報告書】現況報告書を表示する。


【計算書類等】計算書類等を表示する。


 平成30年度          平成29年度          平成28年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 計算書類等を表示する。  計算書類等を表示する。  計算書類等を表示する。


 平成27年度          平成26年度          平成25年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 事業リストを表示する。  事業リストを表示する。  事業リストを表示する。

 総括表を表示する。    総括表を表示する。    総括表を表示する。

 財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。


定款・役員等報酬規程・特定処遇改善加算規程

【定款】定款20180328認可29福保指指第1062号を表示する。


【役員等報酬規程】役員及び評議員の報酬等並びに費用弁償に関する規程を表示する。


【特定処遇改善加算規程】福祉・介護職員等特定処遇改善加算額支給規程を表示する。


2021年 挨拶

理事長 井上 義 (いのうえ ただし)


 「節目の年」かつ「変化の年」となる事を予想して年頭の言葉を書いてから丁度一年。世の中、確かに、見事に、しかし全く思いがけない方向に、変化しました。今の時代を生きる多くの人々にとって、2020年は、激動そして激変の一年となった事でしょう。そして二度目の非常事態宣言も目前に思える中での、2021年の幕開けです。「今が正念場」との注意喚起、そして良識に基づく「自粛」の要請が繰り返されましたため、皮肉にも「密」の現実はところによっては諦めモードでむしろ常態化しつつあるようにすら思えます。
 法人の新しい一年を思う時、忍耐や我慢とは異なる感覚を皆さんと共有したく願います。スカッシュと言うスポーツには、四分の三という練習スタイルがあります。コートを四等分して、その四分の三の部分に返球しなければアウトという制限のつく対人練習方法です。これがレベルが高くなると四分の一さらには八分の一となりまして、コートの八分の一のスペースのみに正確返球しなければなりません。難しい条件が加わる中で、一つにはスキルが磨かれますし、もう一つにはその制限や制約、即ち設定されたハードルが楽しみにも繋がっているのです。高すぎるハードルはやる気をなくしてしまいますが、少し上くらいのハードルがうまく設定されますと、そのハードルは新しい世界への入り口となります。スカッシュに限らず、あらゆるスポーツやゲームには、そういったハードルを上げて行くための訓練のHow toがある事でしょう。コロナと言う、現代世界が体験したことの無いような高いハードルが世界に提示され、さんざしどろもどろの一年であった気もしますが、社会福祉法人はるは、様々な意味で守られてここまで来ることができたようにも感じます。ありがたいことですね。そんな中、今のこの不利な現実、身動きのとりづらい現状の中にあって、クリエイティブで楽しいグレードアップのための在り方・方法が生まれて来れば良いなと、スカッシュで汗を流しつつ漠然と感じました。失敗を恐れず、無駄になる事を恐れず、意欲的に、難しい現実の制約を楽しんでやれる何かを、今が充実する何かを、各事業所で意欲的に模索される事を期待しています。”Quality of Life”は、人を取り巻く時代や環境の問題以上に、個々の心の問題でもあるのですから。今までできた事ができなくなる半面、今までできなかったことが今ならできるじゃないか!と、皆で気づきながら進めるといいですね。余談ですが、私は「無駄」という言葉があまり好きではありません。無駄なことをやっているとか、決して無駄にならないようにとか、人生に無駄なことはないとか、無駄の多い動きだとか。ニュアンスはそれぞれに少しずつ違う言い回しですが、一瞬一瞬の生きた時間は、振り返ってみてそれに「あれは無駄な時間だった」とレッテルを貼るようなものではないと思うからです。むしろ人生の時間を「無駄・無意味」vs「必要・有意義」に二分する発想の方に心の貧しさを感じるものですし、「あそび」もそうですが、計画的な目的意識に貫かれていない「無駄」と分類される時間にこそ、人生の質を決定づけるものが隠れている、そんな風に感じます。閉塞感漂う世にあって、ワクワク感漂う不思議な共同体であれたらいいなと。
 もう一つ、コロナ下にあって、「法人設立20周年」と「ヴィジョン」という二つの課題に取り組むad hoc(期間限定)委員会を設置して、鋭意検討頂いております。お働きをお引き受け頂きました委員の皆様、ご苦労様です。その成果の反映された、より豊かな法人の新年度の、また今後の法人の歩みとなる事を期待しつつ。

役員紹介

2021年4月現在

【役員一覧】


理事長

業務執行理事


理事

 井上 義

 西谷 久美子
 野村 伸博

 鹿島 法博
 青山 貴
 藤原 愛子

評議員





 江澤 宏之
 丸山 牧夫
 石田 由美子
 本間 真一郎
 萩原 実
 森山 兼一
 湯田 正樹
 渡部 淳

監事

 目黒 さとみ
 大野 圭介
 中村 龍二


管理者紹介

 

【管理者一覧】


パイ焼き窯

パイ焼き茶房

しごとも

 青山 貴

 藤原 愛子

 臼井 崇晃

グループホーム

はるの相談室

ときそら

 八田 晋一郎

 野村 伸博

 尾平 明聡

事務局長

 荒木 雅彦



はるの歩み(テキスト版) 画像版はコチラ


1994年  「共同作業所パイ焼き窯」開所
1997年  第2作業所開所
1998年  「社会就労センターパイ焼き茶房」開設
1999年  法人設立準備委員会発足
2001年  社会福祉法人はる設立認可
2002年  「社会就労センターパイ焼き窯」開設
2003年  「グループホームはるの邑」開設
2005年  「しごとも」開設
2009年  「グループホームとどろきの杜」開設
共同作業所パイ焼き窯は、一般就労や経済的自立を目指す精神障害者のニーズにこたえられる作業所として誕生。若年層を中心に利用希望者は増え続け、作業訓練を通して利用者の障害の軽減や症状の改善がみられ、訓練の成果も現れだした。また、「パイ焼き窯」は事業の面でも福祉的予算と同規模の授産事業を展開してきた。
その後、模擬職場の提供を行いながら、精神障害者が能力や自信を回復し就労を目指すことを支援する作業所として「パイ焼き茶房」を設立。商店街の中のオアシスとして又一般市民に精神障害者及び福祉分野への理解を広げることも大きな目的のひとつとして展開している。
「しごとも」は、精神障害者が主体となって、より一般社会に近い形で事業展開し、経済的自立を図ると共に誠実な職務遂行で地域住民や就労提供者の信頼を得、且つ交流を通じて障害者に対する理解を深めることを目的としている。2008年3月東京都の就労育成モデル事業も終了し、利用者との雇用(最低賃金保障)契約や、労働保険の適用も開始した。
入所施設や家族から独立し、地域の中にあるアパート等を利用しながら地域社会の中で自立してくらせるよう支援するグループホーム「はるの邑・とどろきの杜」を展開。
2011年  「しごとも」は目黒区に新たな分室を拡大
2012年  「はるの邑」はサテライト2部屋を作り定員を6名に拡大
2013年  「とどろきの杜」もサテライト2部屋を作り、定員を7名に拡大
2014年  GHはるの邑移転に伴い、GHはるの邑をユニット化
2015年  相談支援事業「はるの相談室」開設
2020年  ガーデンカフェ「ときそら」開設


ページ先頭

ホーム | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

©社会福祉法人はる. All Right Reserved