パイ焼き窯

パイ焼き窯の特設ページです。

 パイ焼き窯は、しっかり働き高い工賃を得ることによって、健康と自信を回復し、就労や生活の自立を目指す訓練の場です。1994年のスタート以来、働く喜び、食べる楽しさ・仲間づくり等、生活の原点を大切に運営してきました。


【責任を持って菓子をつくりあげる】


 朝、ホワイトボードにはビッシリと「本日の菓子作り」メニューが書かれています。メンバーは、自分の得意な菓子を選択し、レシピを取って「さあ、作り開始ー!」です。材料の軽量から成形までの一連の作業は一人でやります。焼き上がった商品の良し悪しはその人の体調の鏡にもなります。作業を通じて自分の生活・服装・対人関係の振り返りも出来るのです。商品に責任を持つことは、どんな仕事に就く場合にも必要な、基本的な力です。


【事業所案内】

事業所名
パイ焼き窯(就労移行支援・就労継続支援B型)
定員
就労移行支援事業:12名
就労継続支援B型事業:28名
体制
常勤:9名 非常勤:5名
TEL / FAX
03-3702-0459 / 03-3702-0439
E-Mail
paiyaki@kc.catv.ne.jp 【一般問い合わせ用】
sweets@payaki.net 【菓子注文問い合わせ用】
住所
〒158-0082
東京都世田谷区等々力2-36-13
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日・年末年始

パイ焼き窯

    【パイ焼き窯紹介】

  • ロゴ

    名前の由来

    1994年1月、新しい作業所の名前を募集しました。 コンセプトは〈手作り・焼き菓子(パイやタルト)・天然素材・無添加・素朴・協働作業〉です。20案ほど寄せられた中から、組み合わせて決定したのが、「パイ焼き窯」です。 「パイ皿の中に、卵・粉・砂糖・バター・フルーツ・・・みんな違う素材が一つに合わさってオーブンの中で相互作用が起きて・・・一つの美味しいケーキに育つ!!」 そんな思いを込めました。

  • 小麦畑

    こだわりの無添加天然素材

    約60品目のお菓子を製造しています。保存料を使用せず、国産小麦、フランス産チョコレート、国産バター、地卵などこだわりの無添加天然素材で、ひとつひとつ丹念に焼き上げて作っています。

  • 地図

    事業所概要(地図クリック拡大)

    【法人】社会福祉法人はる
    【事業所名】パイ焼き窯
    【管理者】青山 貴
    【設立】
     1994年(共同作業所)開設
     2002年(授産施設)リニューアル
     2007年(就労多機能型事業所)
         自立支援法移行
    【所在地】
      東京都世田谷区等々力2-36-13
    【最寄駅】東急大井町線 等々力駅

    【パイ焼き窯構成班】

  • 菓子班

    菓子班

    「美味しかった!」とお客様に言われるお菓子作りが誇りです。販売チームも生まれました。パティシエに支援を受けながら、よりよ良い商品を目指しています。

  • 調理班

    調理班

    調理師の指導のもとで、利用者や職員の昼食・お弁当を作り、ケータリングパーティの料理作り等を行っています。

  • 清掃班

    清掃班

    施設内外や公園、マンション、店舗、工場等の清掃を、清掃技術を持つ職員と共に清掃業への就職を目指した実践的なプログラムによって行っています。

    【パイ焼き窯からのお知らせ】

    プリントクッキー


     大好評プリントクッキーの紹介
    (画像クリック拡大)


    ページ先頭

    ホーム | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

    © 2001-2016 社会福祉法人はる. All Right Reserved