語り合い、想いを創り、共に生きる

社会福祉法人はるのコンセプトです。

理念


「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

自分らしく生きるために


1994年、「経済的に自立したい」と願う精神障がい者のニーズを受けて、パイ焼き窯が誕生しました。7年後の2001年、より確実な就労支援を目指して〈社会福祉法人はる〉が、多くの賛同者の協力を得ながら誕生しました。
この資源を、障害を持つ多くの方々に上手く活用して頂きたいのです。

私たちは、障害(精神等)のある人が、働くことによって経済的自立を目指し、障害とうまく付き合いながら健康と自信を回復し、就職やあたりまえの暮らしを目指すことをサポートします。
障害を持ちながら社会で自立生活を営むためには、周りの人々とつながり・語り合い、自分の持っている能力や感性を発見し・育て、自分に合う仕事に就いて収入を得て、「これが私らしい生き方」と自身と誇りを持てる事が大切です。

働くことで得られること

  • 法人の目的

    法人の目的

    精神障害やその他さまざまないきづらさを抱えた人が、地域の中で経済的自立を目指し、健康を大切にし、障害とうまく付き合いながら社会人として暮らして行く為のサポートを行います。

  • 理念

    理念:語る、創る、暮らす…ハタ楽

    「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

  • 法人概要

    法人概要

    【名称】社会福祉法人 はる
    【代表】鹿島 法博
    【設立】2001年7月23日創設
    【所在地】(地図)
     東京都世田谷区等々力2-36-2-201
    【連絡先】
     常務理事:青山 貴

平成28年度 現況報告書・計算書類等

平成28年度

【現況報告書】現況報告書を表示する。


【計算書類等】計算書類等を表示する。


 平成27年度          平成26年度          平成25年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 事業リストを表示する。  事業リストを表示する。  事業リストを表示する。

 総括表を表示する。    総括表を表示する。    総括表を表示する。

 財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。


定款・役員等報酬規定

【定款】定款20170120認可28福保指指第1005号を表示する。


【役員等報酬規程】役員及び評議員の報酬等並びに費用弁償に関する規定を表示する。


2017年(平成29年)新年のご挨拶

【伊藤敏明 理事長挨拶】 平成29年 新年会挨拶


新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
新たな年に、気持ちも新たにして一年のスタートを切って欲しいと思います。

 今年は酉年です。酉という字は酒壺を描いたもので、これにサンズイを加えると酒という字になります。収穫した作物から酒を造ることから、「実る」ことも意味するようです。ずいぶんなこじつけになりますが、今年は皆様にとって「実りの多い年」になると良いと思います。

 さて、法人はるは昨年法人設立15周年をお祝いしました。昨年の事業の状況は大変に良好で、法人はるは安定して社会に貢献できるしっかりした法人になったと嬉しく思っています。
 現在、利用者数は約170名ですが、今後さらに多くの方々にご利用いただいて社会への貢献度を高めようと、事業を拡大する予定でいます。事業拡大は20周年になるまでに達成する計画で、新たな仕事と仕事をする場所を作り、法人はるらしい居場所を設け、住まい・グループホームを増やす予定です。この事、5か年ビジョンと言っている内容です。
 タイミングよく昨年秋にこの計画の多くを実現できる世田谷区の事業者募集がありました。応募するためにプロジェクトを組み、ハードスケジュールで法人はる案を作成して、昨年末に提出したとのことです。検討作業に参加された方々、本当にご苦労様でした。4つまたは5つの法人が競争相手のようですが、法人はる案が区に認められて新事業が出来るようになること強く願っています。

 最後に、毎年同じことを申しますが、 メンバーの方々に法人はるを気持ちよくご利用いただけますよう、 理念に沿って社会への貢献度を高めていただきますよう 職員の皆様にお願いします。



【西谷久美子 常務理事挨拶】 ~法人はる第3次5ヵ年ビジョンの取組にあたって~


2016年4月から2020年度までの5ヵ年間は、「法人はるの第3次5カ年ビジョン期」となります。
2001年7月に社会福祉法人格を取得し、2002年4月からは法内事業所として再スタートを切り、早14年の歳月が流れました。
 第3次ビジョンスタートを目前にして、これまでの特徴を簡単に振り返ってみました。 最初の4年間は「黎明期」と呼んだらおこがましいでしょうか。ただこの時期は、精神分野に於いては23区南西地域(8区)で唯一の社会福祉法人としての意気込みとエネルギーに満ちていました。就労支援事業/雇用事業/グループホーム/地域ネットワーク創設が創設され、それに伴い、職員・利用者が一気に増えた時期です。
 第1次ビジョン期(2006~2010年度)は、障害者自立支援法施行に伴う「ある種の混乱期」でした。新法移行の事業所として区内でいの一番に名乗りを挙げ、事業運営や職員の体制確立に大わらわでした。
 第2次ビジョン期(2011~2015年度)は、<やや安定期/次に向けての一休み期>と呼べるかもしれません。
2014年の障害者権利条約批准とそれに基づく法律の整備は、障害のある人にとって非常に大切な宝物となりました。しかし同時に、障害者福祉への荒波(社会保障・新たな法律や制度の問題)が押し寄せ、そして今、更に大きな波が襲ってこようとする時代になっています。
 第3次ビジョンを昨年7月より、管理者会と全職員会で考え/学び/議論してきました。「障害のある人が生き生き暮らせる地域・事業所作り」を「法人はるらしく」、大波を乗り越え大きく発展させる意気込みで取り組んでいます。
 これまでの14年間とは大きく異なる新たな時代に、出来る限りの知恵を寄せ集めて邁進していく決意です。福祉分野を超えた広い視野と知識・深い見通しが求められています。皆様のご支援ご協力を心よりお願い申し上げます。



役員紹介

平成29年7月現在

【役員一覧】


理事長

常務理事

理事
鹿島 法博

青山 貴

伊藤 敏明
氏家 憲章
井上 義
臼井 崇晃
評議員






江澤 宏之
丸山 牧夫
石田 由美子
本間 真一郎
萩原 実
渡部 淳
森山 兼一
監事
西海 洋一
目黒 さとみ

管理者紹介

 

【管理者一覧】


常務理事

事務局長
青山 貴

野村 伸博
パイ焼き窯

パイ焼き茶房

しごとも

グループホーム

はるの相談室
青山 貴

鹿島 法博

臼井 崇晃

小松原 真奈美

西谷 久美子

ページ先頭

ホーム | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

© 2001-2016 社会福祉法人はる. All Right Reserved